サーバーの設置代金

レンタルと購入では設置代金が異なる

ウォーターサーバーを設置する際、レンタルで利用するのかサーバーそのものを購入するのかで設置代金が異なります。
例えばレンタルの場合はあくまでも本体を業者から借りているだけなので定期的に千円前後の費用が掛かってきますが、業者によっては設置するだけであれば無料で提供してくれるところもあります。ただし無料となるにも条件が課せられるケースが多く、宅配水も一緒に契約しなければいけないなど業者によって条件が異なるので注意が必要です。

それに対してサーバーを購入する場合は当然購入費用が掛かるため、レンタルするよりも高額な代金が必要になります。一般的には3万円から10万円程度となっていますが、長く使い続けることを考えるとこちらの方がレンタルよりも安いと考える人もいるようです。

基本的に設置費用は無料としているところが多い

レンタルや購入などでかかってくる代金はあくまでも契約や購入をする上でかかってくる費用で、無料となっている場合は今後かかってくる宅配水などの費用で賄われています。 では設置そのものにかかってくる費用はどのようになっているのかというと、実はレンタルでも購入でもほとんどが無料としています。そのためウォーターサーバーを配送してもらったり自宅に設置してもらう、さらにその後使えるように設定してもらうまでの段階はお金がかからないのです。 ただし注意点として地域によってはサーバーの配送に料金を設定しているところもあるので、どこでも無料で利用できるというわけではありません。特に離島や遠方の場合は配送費用や設置費用が掛かるところもあるので、事前に確認しておく必要があります。

水宅配は自宅や店舗などに、天然水などを配達してくれるサービスです。新鮮な水をいつでも自由に楽しめるというメリットがあります。